FC2ブログ

金玉が届きました!

ここでは、金玉が届きました! に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「黄金の玉」が印刷所から届きました!

ホロP表紙サンプル
想像以上のキラキラで面くらいました。
どうしよう、これ人前で売るのちょっと恥ずかしいなw


表紙比較
初版(左)と並べてみました。
写真ではわかりにくいですが、二版の方が何故か色合いが赤味が強く、私の狙いとはちょっと違う仕上がりに。
うーん、残念。

色合いの確認はナナオのモニタのsRGBモードで確認をしているのですが、色調整とか印刷所にお任せだったので、仕方ないっちゃないのかなぁ。
(モニタで見る色と全然違うのです)
しかし、FORIS FS2332(メインモニタ、3万円台)のsRGBは、FlexScan S2231W(前モニタ・今のサブ、7万円台)に比べて青味が強いので、やはり最終確認はサブモニタの方がいいなと反省中。(自分用メモ)
最近のモニタ、安くて性能上がって使いやすいけど、やはり安いなりになってしまうのが口惜しいところです。

それでもナナオさんのモニターは質が良いので、絵描きさんでモニタ交換考えてる人にオススメです。
あ、ゲームには向かないです。(私はこれでゲームをしていますがw)
静止画向きなモニタだと思います。

---------------------------------------------


お次は本文の比較です。

本文比較1
(左:初版、右:二版)

何故初版の方が濃く見える・・・?

そこでふと、私は重大なことを思い出しました。
「コピーはトーンが潰れやすい」ことを。

わぁい。


本文比較2
(左:初版、右:二版)

なもんで、ロランの肌トーンを10%→20%に変更しましたが、結果的にはさほど変わらない濃度になっちゃいました。
ああ・・・大変申し訳ないです・・・

あと、コピーの方がベタの黒が濃いですね。
これは、どこの印刷所でも真っ黒というインクは余り見かけず(1000部以上の印刷ならもうちょっと綺麗な黒になりますが、一般的な同人誌は大抵ちょっとグレーっぽい黒になります)ですので、栄光さんだからどうこうということはなかったりします。

蛇足ですが、オンデマンド印刷だと、コピー並に黒が濃くなります。
ただ、インクが妙にテカテカ光って見えるので、オンデマのインクは苦手な人は苦手かもしれないですね。


本文比較3
(上:二版、下:初版)

もいっちょ本文比較。

トーンの線数は、二版が40(濃度は20%)、初版が55(10%)。
自分は線数が荒い方が絵に合ってるなぁと今回の変更でしみじみと思いました。

線数が細かい方が絵がオサレに見えると言われて、今まで60線(アナログトーンにおける60番台)をメインに使っていたのですが、でも人それぞれ合うものは違うよなって思いましたw
またそれは、印刷されるまでわからないのが何とも・・・
レーザープリンター欲しいですねぇ・・・
こだわり屋さんは、デジの人でもレーザーでプリントアウトして確認しながら原稿を描くのだそうです。
でも、そこまでするのめんどく

---------------------------------------------

以上のように、今日は本を見ながら、ひとり反省会をしてました。
同人誌作る度に思うことですが、出来のよしあしは完成してみないとわからないというのが本音ですね。
んで、色々悩んだり、迷ったりして、でも結局

まぁいいかw

で結論づいちゃうみたいな。
何ていうのか、結局最終的に自分の心が出す結論って、

「上手くならんことにはな」

て所に行き着いて、上手けりゃ印刷がどうとか装丁がどうとか、些細なことってカバーしちゃうんじゃないの?ってなっちゃうんですね。
んで、自分にはそれだけの技術はないってわかってるから、

「とにかくたくさん描いて、たくさん慣れて、上手くなるしかないよね」

っていう、何かこう、すごく当たり前の結論しか出ないよねっていう。


てか、ようは上手くならんことには、ロラン君もウェイバーちゃんも思い通りに犯せないから駄目なんですよ!!!
ああくっそー、最近何で少年がこんなに可愛いんだよー、おかしいよー。
照れながら受け入れる少年をこう・・・こうですよ?
わかるでしょう?わかりますよね?わかっちまえよ!!!



精進します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。