FC2ブログ

∀ガンダムのBDキタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!

ここでは、∀ガンダムのBDキタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!! に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20110721_0202.jpg

やっとやっとリアルタイムで販売された∀もんに手が届きました!
発売日に届く喜び。
くぅ。
これを味わいたかった!

さて、その中身の方は、まずパッケージ絵の美しさに目を奪われます。
ぐるっと回してジロジロ。
流石あきまんさんはいい仕事をなさります。
この色使いは自分好みで大変満足です。
んで、キャラが全体的に丸っこくて可愛いです。
ハリー大尉までもが可愛くなってて、コミカライズの時の絵を思い出しました。


20110721_0201.jpg
ところで、ロランのチンコは枝で隠れるぐらいゴホゴホいや何でもない。


次にBDのケースのイラストに目を奪われました。
シンプルだけどいいデザインです。

次に目に入ったのは、劇場パンフの縮小複製本。
縮小されてる分字が小さい為、自分の視力ではほとんど読めませんでした。(涙)
(WEBも文字サイズ18以上ないと読めません)
拡大鏡を使えば何とか読めると思うので、後日ゆっくり読みたいと思います。
でも何より、劇場パンフレットの雰囲気を、公開から10年もたってる今見ることができてとても嬉しいです。
パンフの作りのまた丁寧なこと。
ホント、映画館で当時の雰囲気を味わってみたかったです。


さて、肝心のBDですが、パッケージを開くと、中にはフィルムと小冊子とハガキやら何やらが色々と。
フィルムはフランが単体で映ってるのと、人質の時のグエン、リリ、ディアナ3人が映っているもの。
これ、購入する人によって絵が違うのかは不明ですが、アニメ映画のフィルムが思っていたより小さくて驚きました。

小冊子に載ってる富野監督のインタビューは、相変わらずの遠慮のない口調で面白かったです。
この御仁の言っていることの意味は、住む世界が違いすぎて自分にはよくわからないのですがw本人の無茶苦茶な人間性が過去のガンダム作品によく表れていて、興味深い人です。
上手く言えないのですが、ご本人の言ってることに納得できたり、それには納得できないと思ったりと、富野氏の発言に私は肯定と否定の感情的な部分と、次に何を言うんだろうという期待とで見ている部分があるように感じます。
で、本音で語っているから、痛烈な言葉でも嫌だと思わない不思議なところがあるように感じています。
そして、こういうインタビューは作り手はお綺麗な言葉を並べるもんですが、良いものは良い、悪いものは悪いとハッキリ言い、時折天邪鬼な所も見せながらやっている姿に、自分はどちらかといえば行儀の良い大人より、言ってることが多少支離滅裂でもこういう人の方が好感を持ちますw

だから、このインタビューは面白かったです。

特にオタクについて語る下り、いいですねw
好きな即品の収集をするより、自分の脳内で妄想を広げるのがオタクだと自分も思います。
だから、ウァッド語り、ここが一番大好きです。


で、BDは観たのかというと、実はまだです。
PS3で観ようと思うのですが、せっかくだからHDMI接続で観たいと思い、今ケーブルの到着待ち(konozama)です。
あと、自分用の小さいTVではなく、最近買ったばかりの父の液晶TVで観ようかなとw
高画質・大画面で観るのが今から楽しみです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。